So-net無料ブログ作成

花見客

4月7日(水) 世田谷プレーパーク

荷物を運んだり、事務局で印刷したりなどなど
出たり入ったりはしたものの、
今日は1日、世田谷プレーパークにいた。

ふーたはお休みで、
新人のモカと当番に入った世話人と一緒。

雨だったので、のんびりだった。


昨日まで大賑わいの花見の人たちも、
今日のこの肌寒さでさすがに少なかった。

それでも花見に来ていた人たち一組。

お隣のひろばでお肉を焼く準備をしていたら、
警備の人に「火を使うならプレーパーク」
と言われたらしく、料理途中で移動してきた。

プレーパークは「子ども」が火をつかって遊べるために、
火の使用の許可をもらっている場所。

なので、基本的には、
大人だけでのカマド利用は
お断りをしている。

でも、そんなことは知らず、
警備の人に「プレーパーク」と言われて来た人たち。


おーい警備の人~!
と思っても、警備の人もちゃんとわかってない訳で、、、。


コンロの中では、真っ赤になった炭がいい感じでお肉を焼くのを待っていた。

そんな状況で「ダメです」とは言いたくなかった。

ここで大切にしているもろもろのことを伝えた上で、
今回に限りと伝え、プレーパークを使ってもらった。

もちろん!バーべQコンロではなく、
プレーパーク流「かまど」をつくってもらって。



こういうやりとりをしているといろいろ考える。



プレーパークは子どもの遊び場だけど、
別に、大人がたき火を楽しんでいてもかまわない
と私は思う。


むしろ、
大人が楽しそうにたき火をしている姿をみて 
「あ、あんなこともできるんだ」と、
こどもの刺激になることだっていっぱいある。
大人がリラックスしてる雰囲気そのものだっていいものだ。


問題は、
数のバランス。
大人のスタンス。


大人がわーっと、大人数でたき火を取り囲んで
ワイワイ飲み食いしていたら、、、
その雰囲気が閉鎖的だったら、、、

圧倒されて、
こどもがプレーパークに入れない。
それでは本末転倒だ。


いいバランスをとるために、
どう大人に伝えていくか。

こと、この世田谷プレーパークでは、
そこがいつも難しい。

プレーパーク内に、公園の園路も通っているので、
プレーパークを知らない大人も、遊ぶ様子だけは知っている。

それは、良さでもあり、
時に、難しさでもある。

バーべQ場と勘違いされることが本当に多いのだ。


常駐プレーリーダーが大人の対応をすることで
一日が終わってしまう!なんてこともあるくらい。

このお花見シーズンは、
世田谷プレーパークのプレーリーダーは、
お花見が嫌いになってしまうぐらい、
大人の対応に追われる。

一番いいのは、事前に知っていてもらうこと。
でも、皆知らないで準備をいっぱいしてやってくるんだよねえ。

その人たちに「今回だけ」とOKしたら、
その姿を見た人が、また勘違いする。
ということもあって、
今日みたいな判断が難しい時もある。


でも、今日は雨で子どもも大人も少なかった。
のんびりだったから、丁寧に対応できた。

それでいいんだと思う。

できない時はごめんなさい。
でも、、できる時にはできることをやっていきたい。

いつでも誰にでも同じ対応することが
誠実さや平等さだとは思わない。

大切なのは、
「子どもがいきいき遊ぶ場をつくる」
という線からは絶対に外れない
ということ。

そんなことをまた改めて考えさせられた一日だった。




今日の人たちは、
近くのスーパーの店員さんたちだったようで、

今度は子どもを連れて遊びに来ると言った。
みな地域の人なのだ。


いろんな話で盛り上がったあと、
「今度買い物に来たらサービスしますよ」
なんて言って帰っていった。

ラッキー!












nice!(0) 

劇団そら 一色の一週間

4月3日(土) 劇団そら 発表会
4月4日(日) 劇団そら 後片付け&助成金申請書類作成!
4月5日(月) 大妻はらっぱの子達と打ち合わせ IN 羽根木プレーパーク
4月6日(火) 上町児童館道具返却&世田谷プレーパークへ


劇団そら発表会、とっても大盛況で終わった!!
お昼の部(上町児童館)は50人ぐらい
夜の部(ボランティアセンター)は、なんと!100人ぐらいの人が観にきてくれた。

夜のボランティアセンターは、
そんなに広い会場ではないので(会議室だからね)
ぎゅうぎゅうだったなあ。申し訳ないぐらい。

その後のカレー交流パーティーも大盛況だった。

活動資金もこのカレーパーティーのおかげで
なんとかクリアしそうだ。


さて、
この前も書いたけど、
劇団そらを進めていくのは、
嬉しいことに悩むことが多い。


普段遊ぶ中では、
「やりたいことが遊び」なわけで、
「つまんないからやーめた」はアリ。

じゃあ、
「劇をつくる」を遊ぶ劇団そらではどう??

劇には、
「みんな」と、「ひとつの劇をつくる」
「発表会」という「期限」がある

「今はやりたいことじゃないからやらない」
「やっぱやーめた」
が出てくると正直困ってしまう。

だからと言って、
「あなたがやりたいって言って始めたことでしょ」
というところで迫るのではなく、
「楽しいよね」
とひとりひとりが思えるようなものでありたい。


という面白さゆえの、
悩みどころが出てくるのだ。

やっこと一緒に悩みながらつくってきたけど、
今回の発表も含め、
つくっていく時間の中で感じたのは、

「今この瞬間に表現することを遊ぶ」
を繰り返してきたからこそ、
「時間をかけてみんなでひとつのものをつくり上げる」という
遊びも同時にやってこれたのでは?

という満足感はある。

いやー、劇団そらってほんと面白い。





プレーカー事業にしても
劇団そら事業にしても、

プレーパークという基本的な活動がある上で、
新しく始めている活動なんだけど、

すべてが新しくて、
ひとつひとつやりながら見えてくることがある。
失敗してわかることがいっぱいある。


活動を応援している大人たちとのやりとりの上でも同じこと。


この経験は貴重だ。

相当いろいろ気付かされて
考えさせられた。

ありがたいなあ。



劇団そらの発表会と、
助成金申請が終わって、
私の年度末はやっと終わった。

さあ、今年度何して遊ぼうか!





nice!(0) 

うっかりマメ子

同じような記事が続いてごめんなさーい!


先の文章の方は、まだ完成してない時に、
うっかり変なところ押していたようです。

気が付いたら保存されていた、、、。


やっぱりうっかりマメ子なのでした。
(うっかりマメ子というお菓子をみつけてからは、
この言い方が一部で大流行り!)

         by うっかりマメ子
nice!(0) 

自分を表現する” を 遊ぶ

4月2日(金) いよいよ明日が本番!!
         今日は朝から晩まで劇の準備だったー。


~当日配るパンフレットより~


自分を表現すること を 遊ぶ


 劇団そらをつくっていく時の「大人のスタンス」は、
毎度のことながら悩まされる。

 どこであっても「大人のスタンス」が
子どもへ与える影響は大きいけれど、
劇団そらに対する大人の影響力は、
もしかしたらプレーパークのプレーリーダー以上かもしれない。

 こどもが「やりたい」と言って始めたことに間違いはなくても、
「練習よりもやりたいこと」はいつだって出てくる。
「今日はベーゴマ大会がある!」
「今日は○○」などなど。
とにかく誘惑は多い(笑)。

 そこで、「今、ここ」を生きている子どもたちに
「あなたがやりたいって言ったんでしょ?」と迫る方が実は簡単だ。
でも、それでやらされている感覚にはなってほしくない。
じゃあ迫らないやり方をとるとしても、
こどものやりたい気持ちを大人がリードして引き出すのか?
子どもから出てくるのを待つのか?
とにかく悩みどころは満載なのだ。


 劇団そらは、
単なる「劇をやりたい子どものお稽古ごと」ではない道を選んだ。

「劇を通して自分を表現する喜び」
「みんなとひとつのものをつくっていく喜び」を遊びたい。

「劇団そら」の存在そのものが、
誰かの「自分を表現したい」気持ちを刺激するものでありたい。

 この3年間劇団そらに関わってきて改めて思うのは、
誰もが「自分を表現すること」が好きだということ。

だから、劇団のメンバーにならなくても、
練習風景や本番を見たり、一緒に舞台美術をつくったりすることが、
誰かの「自分を表現したい」気持ちの刺激になっていてほしい。

その表現方法も何でもいい。
日常の「ごっこ遊び」でも、音楽、モノづくり、遊びとにかくなーんでも!!

「自分を表現する喜び」は、「自分を生きていていい」につながっていると思うから。


だから、私はこれからも劇団そらを一緒につくっていきたいと思う。
ってことは、、、これから先もずーっと悩み続けるってことだなあ(笑)。

                 のりたけ



nice!(0) 

”自分を表現すること を遊ぶ

劇団そらをつくっていく時の「大人のスタンス」は、毎度のことながら悩まされる。
どこであっても「大人のスタンス」が子どもへ与える影響は大きいけれど、劇団そらに対する大人の影響力は、もしかしたらプレーパークのプレーリーダー以上かもしれない。
こどもが「やりたい」と言って始めたことに間違いはなくても、「練習よりもやりたいこと」はいつだって出てくる。「今日はベーゴマ大会がある!」「今日は○○」などなど。とにかく誘惑は多い(笑)。
そこで、「今、ここ」を生きている子どもたちに「あなたがやりたいって言ったんでしょ?」と迫る方が実は簡単だ。でも、それでやらされている感覚にはなってほしくない。じゃあ迫らないやり方をとるとしても、こどものやりたい気持ちを大人がリードして引き出すのか?子どもから出てくるのを待つのか?とにかく悩みどころは満載なのだ。
劇団そらは、単なる「劇をやりたい子どものお稽古ごと」ではない道を選んだ。
「劇を通して自分を表現する喜び」「みんなとひとつのものをつくっていく喜び」を遊びたい。
「劇団そら」の存在そのものが、誰かの「自分を表現したい」気持ちを刺激するものでありたい。

この3年間劇団そらに関わってきて改めて思うのは、誰もが「自分を表現すること」が好きだということ。
だから、劇団のメンバーにならなくても、練習風景や本番を見たり、一緒に舞台美術をつくったりすることが、誰かの「自分を表現したい」気持ちの刺激になっていてほしい。その表現方法も何でもいい。日常の「ごっこ遊び」でも、音楽、モノづくり、遊びとにかくなーんでも!!
「自分を表現する喜び」は、「自分を生きていていい」につながっていると思うから。
だから、私はこれからも劇団そらを一緒につくっていきたいと思う。
ってことは、、、これから先もずーっと悩み続けるってことだなあ(笑)。 のりたけ




nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。