So-net無料ブログ作成
検索選択

シロツメクサの花冠

5月4日(火) 午前 羽根木プレーパーク
         午後 烏山プレーパーク

プレーパークに子どもの頃から遊びに来ていた女の子が、
今年の春に映画専門学校へ入学した。

一年生の課題はズバリ!「人間研究」ということで、
プレーパークを取り上げるために、
最近仲間たちとよくプレーパークに足を運んでいる。

プレーパークなんて、ほんと人間くささそのままなので、
バッチリだよなー。って言ってるんだけど、
あまりにもいろんな人がいて、いろんなドラマもある場所なので、
テーマを絞るのが難しいよー、なんていいつつ頑張ってる。

さて、そんな彼女の仲間たちにプレーパークを紹介したくて、
今日は羽根木と烏山と両方に顔を出してみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

烏山では、すっかり木々が芽吹いていて、
青いさくらんぼや桑の実もできてたよ。

この日は「カバ祭」というイベントだったので、
リーダーたちも子どもたちも
ジャンボカルタやドロけいをして、
プレーパーク中をかけまわってたなあ。


そんな中、シロツメクサのくさっぱらにいって
昔なつかしで花冠をつくってみた。

「ねえ、どうやってその冠つくるの?
前につくってお母さんにあげようと思ってたんだけど、
上手くつくれなかったんだよね」
そこに、かわいいことを言ってくる幼稚園の男の子。


画像0233 (2).jpg
「じゃ、一緒につくるか」
と、つくりだしたところに
もうひとり男の子(小学2年生)
がやってきた。


画像0250.jpg
「オレもつくる!」と言って、
その幼稚園児に作り方をならって、
せっせと作り始める。


画像0434.jpg
「できたー!」
先につくっていた幼稚園児の男の子が
お母さんのところに持っていくというので、
一緒についていった。

男の子「お母さん、いつもありがとう。これプレゼント」
(きゃー、なんてカワイイこと言うの?!)

母「あら、ありがと。でも私よりもあなたの方が似合うんじゃない?」
と、男の子の頭に、もらった花冠をかぶせた。
(えー?!そんなあっさり~)

のり「あの~、この子、お母さんのために初めてつくったのでもらってほしいなあ。」


母「ああ、この子ね、さすが次男っていうか、いつもこうなのよ」
さらっとしたもんだ。

確かにちょっと感動し過ぎてた私だった?
いつもこんなセリフを吐いていたのね。

でもでも~、
それでももっと喜んでほしいような
なんだかちょっと複雑??な気持ち。

さて、
またシロツメクサの方に戻って
私もせっせと冠の続きをつくりだした。


画像0435.jpg
「あー、オレ、これから嫌なことがあったら、
ここに来てこれ作ろー」

ひとりごとのように言うのは、
小学2年生の男の子。


そのあとも、
「好きだなあ。気持ちいいなあ」
なんていいながら、
結局4つも作っていた。


花冠つくりって、、、
なんとなく女の子の方が好きなことだと思っていたけど、
そうでもないんだね。

画像0252.jpg
「嫌なことがあったら」なんてセリフを
小学2年生の子が言うことが
なんだか印象的だったな。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。