So-net無料ブログ作成
検索選択

落とし穴

4月14日(水) 世田谷プレーパークにて

「あの子たち、なんだかすごい勢いで穴掘ってるね」
世話人の人が指さす方を見ると、小学校高学年らしい女の子たちが
4人。せっせと穴を掘っていた。

レジャーシートを敷いてそれぞれの荷物を置いている。
本格的だ。
たまたま通りかかったんじゃなくって、あきらかに
ここを目指して来たんだってことがわかる。

久しぶりに高学年の女の子たちの穴掘り姿を見たので
嬉しくなって話しかけた。


のり「ねえ、何してるの?」

女の子たち「え?!落とし穴掘ってるの!!」

「へえ、誰落としたいの?」

「クラスのうざい奴」
てっきりプレーリーダーでも落として遊ぶのかと思いきや、
彼女たちは本気で怒っているようだった。

「うざいってどのくらいうざいの?」

「全部」

「ほおお、何か嫌なことされたの?」
聞いたとたん、出るわ出るわ。
顔が気に食わない、意見を否定された、などなど。
相当たまってる。


そいつが落とされた時にどんなことが始まるのか見てみたいもんだ。

「ところで、そのうざい子をどうやってここに誘うの?」

「ああ、そいつ、この子のことが好きだから、
この子が誘えば来ると思うんだよね。

え、えげつない作戦だああ。
確かに効果ありでしょう。

「落としたいのは土曜日だから、、、」


ええ?!何~?!
今日は水曜日。わざわざ土曜日のために
今から掘っているらしい。

そんな話をしているうちに、
大きなタルに水をたっぷり汲んで運んできて、
穴の中のドロと混ぜて、どろどろたぷたぷ状態をつくった。


画像0419.jpg


そして、この上に乾いた土をかぶせる。

これはすごいよ。
作ったところを見ている私でも、
ちゃんと場所を覚えておかないとわからない。
なんて高い完成度!

ひとつ気になっていたことを聞いてみた。

「ねえ、これさ、落としたい子が落ちる前に、
他の人が落ちちゃったらどうする?」

「え?それは日ごろの行いが悪いってこと。
仕方ないよ」

(仕方ないって、それってどうよ。)
と言おうかなって思った瞬間だった。

「キャー」
叫び声があがった。
女の子のひとりが声を上げた。

見ると、なんと穴に落ちている。(驚!)

「わかってたのに、落ちちゃった~!」

「作った本人が落ちるってすげ~!」
みんな大笑い。


画像0229 (2).jpg
<落ちた足>


本人は一言
「これ、心折れるわ」と
つぶやいた。



それからだった。
彼女たちは、いそいそと何かをつくり始めた。

それがこれ!
画像0420.jpg


画像0231.jpg

画像0228.jpg

画像0421.jpg
なんだかカワイイよね。
正直っていうかなんというか。


後日、世田谷のプレーリーダーに聞いてみたら、
結局土曜日に彼女たちは来なかったらしい。

作ったことですっきりできたのか?


落とされたらどんなドラマが起きるのか?
ちょっと楽しみにしていた私としては、
この展開にちょっとだけがっかりしたような、
ほっとしたような、そんな気分だった。

でも、この立て札の丁寧な解説文を読むと、
そんなことはどっちでもいいやと思える。

だって、あの瞬間を見れちゃったんだから(笑)




nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。