So-net無料ブログ作成
検索選択

ドイツ見聞録「子どもの育ちを見守り、育む社会とは」 [イベント報告]

第16回IPA世界大会(ベルリン・2005)の開催をきっかけとして、プレーパークせたがやの理事や運営委員メンバーが7月中旬にドイツへ冒険遊び場の視察・見学に出かけました。その報告会を11月7日(月)下北沢のらぷらすにて開催しましたので、少し前のことになりますが、ご報告いたします。

子どもの育ちを社会全体で支えようとしているドイツの取り組みについて、貴重な映像を交えて、6人の発表者による報告が行われました。

ドイツの美しい映像や、とてもカラフルな遊び場、工具小屋のスライド写真に見とれながら、子どもが生き生きと育つ社会を日本で、自分たちの地域で、どのようにつくっていくか、参加者それぞれが考える良い機会になったのではと思います。

今回初めてのNPO法人冒険遊び場づくり協会との共催ということもあり、たくさんの方が集まってくださいました。椅子や資料が足りないのでは?と心配になるほどで、事務局としても嬉しい悲鳴でした。参加してくださった皆さま、ありがとうございました

12月3日には、京都においてIPA日本支部主催のドイツ報告会が開かれます。

 


※IPAとは…
International Play Association -Promoting the Child's Right to Play
(子どもの遊ぶ権利のための国際協会)。
国連経済社会理事会の登録団体、及びユネスコ・ユニセフの諮問団体です。
IPA日本支部には、子どもの遊びの実践従事者、教職員、学生・大学院生、研
究者、父母等、約130名の会員がいます。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。